刺繍

目指すものは高品質と唯一の技術

近年では、昇華ユニフォームなどのコストパフォーマンスと機能性に優れた手法もおすすめではありますが、当社ではアメリカでも主流である刺繍工法を最もオススメしております。その表現は、昇華プリントやその他の加工方法では表せない立体感や高級感が存在し、ユニフォームに対する熱意は全く違ってきます。
なぜならそこには日本人の匠なる技術があるからです。
また、当社のステッチワークは、製作実績からもお分かりいただけるように、世界でも誇れる技術だと自負しております。

刺繍の種類

1重縁取り

1重縁取り

ベースボールユニフォームでは、主流のマーキングでボリューム感・高級感のある仕上がりになります。カッティングしたマークの縁を1重刺繍にて縁取りする加工です。
また、ベタ付感がなく、フロアーへのスライディングに違和感がありません。当社独自のデザイン・刺繍技術を生かし、丈夫でハイセンスなマークを提案いたします。

2重縁取り

2重縁取り

ベースボールユニフォームでは、主流のマーキングでボリューム感・高級感のある仕上がりになります。カッティングしたマークの縁を2重刺繍にて縁取りする加工です。
また、ベタ付感がなく、フロアーへのスライディングに違和感がありません。当社独自のデザイン・刺繍技術を生かし、丈夫でハイセンスなマークを提案いたします。

1重千鳥

1重千鳥

メジャーリーグでは主流のマーキングで、ジグザグラインで周りを1重刺繍止めしていく加工です。業界初の自動千鳥刺繍で加工するので世界にも誇れるマーキングが可能です。当社独自のデザイン・刺繍技術を生かし、丈夫でハイセンスなマークを提案いたします。

2重千鳥

2重千鳥

メジャーリーグでは主流のマーキングで、ジグザグラインで周りを2重刺繍止めしていく加工です。業界初の自動千鳥刺繍で加工するので世界にも誇れるマーキングが可能です。当社独自のデザイン・刺繍技術を生かし、丈夫でハイセンスなマークを提案いたします。

3重千鳥

3重千鳥

メジャーリーグでは主流のマーキングで、ジグザグラインで周りを3重刺繍止めしていく加工です。業界初の自動千鳥刺繍で加工するので世界にも誇れるマーキングが可能です。当社独自のデザイン・刺繍技術を生かし、丈夫でハイセンスなマークを提案いたします。

2重凸刺繍

2重凸刺繍

刺繍の中に特殊ウレタン素材が入った2重の刺繍で立体感のある加工になります。

3重凸刺繍

3重凸刺繍

刺繍の中に特殊ウレタン素材が入った3重の刺繍で立体感のある刺繍加工になります。

レザーマーク

レザーマーク

合皮の厚みのある生地をパッチワークする事で高級感のある仕上がりになります。

昇華縁刺繍

昇華縁刺繍

マーク生地に昇華プリントをほどこし縁取り刺繍をする事により、多くの色数を使用でき写真レベルまで表現できます。

お気軽にお問い合わせください。フリーダイヤル/0120-307-085 FAX/089-994-8213 E-mail/store@monogra.net

このページのトップへもどる

スポーツユニフォーム

  • 野球/ソフトボール
  • サッカー/フットサル
  • バスケットボール
  • バレーボール

加工方法

  • 刺繍
  • 圧着
  • 転写
  • 昇華
  • シルクプリント
  • ラバープリント

ナビゲーション

  • 加工について
  • フォント一覧
  • カラーサンプル一覧
  • マーク加工価格表
  • 制作実績

基本情報について

  • コンセプト
  • オーダーの流れ
  • お支払い方法について
  • よくあるご質問
  • 会社概要

facebook

MONOGRAスタッフブログ

しばらくお待ちください。